カーナビにより浮気の事実を証明できます

カーナビにより浮気の事実を証明できます。カーナビに

カーナビにより浮気の事実を証明できます。カーナビにある履歴を確認し、相手とドライブデートで浮気したところを見つけられる場合があります。あまり見たことがない場所の履歴を見つけた場合気を付けてましょう。

それに加えて、しばしばもしガソリンを入れていたら、デートを車でしている可能性があるかもしれません。運転する人の目につかないところにGPS端末を取り付けておいて、行動を常時監視し続け、現在地を確認したり記録したデータを後から取り出して調べたりします。車より、公共交通機関などを利用する人には、身の回り品にGPS端末を忍ばせる、という方法もあります。


これで相手がどこをどう移動して、そこにどのくらいいたのかもわかります。実際に探偵に頼むことで浮気の証拠をつかんでしまいたい所です。




浮気を疑われる様子を相手が見せた場合、証拠を自ら集めようとするでしょう。



しかしながら浮気の証拠を自力で集めようと思っても、相手に感づかれてしまう事もなきにしもあらずです。



なぜでしょう。答えは簡単で、あなたの顔を覚えているからです。結婚した人の不倫を調査を探偵にお願いする時、一般的に、浮気調査にあたる人数や調査期間をあらかじめ打ち合わせをしておきます。



1時間当たり1万円を超える人件費がかかるため、調査が長期になれば請求される調査費用も多額になります。探偵事務所によっても、働かせる道具や調べる人の才能は異なりますので、周りの人の評価なども調査していくと良いでしょう。飲食店を利用した際の領収証には飲食時の人の数がわかってしまうように印字されている事もあるため、浮気と特定する材料となります。


加えて、支払いをクレジットカードでした時は月ごとに確かめるようにします。仕事で利用したのにビジネスホテルではなかったり、一人で宿泊したにしては高額だったりすると、誰かほかの人と一緒にいた想像されてしまう事があります。不倫をされてしまったら、交際相手を含めた二人に対して、慰謝料を求める事ができます。ただ注意が必要なのは、不倫をする前から、仮面夫婦と化していたり、夫婦の関係が冷め切っていたときは、慰謝料を請求することができません。慰謝料の金額は、不倫によってあなたが精神的な苦痛を受けたか、年齢や結婚してからどのくらい経つかなど総合的に判断して裁判官が判断します。


レシートとかクレジットカードを見ると浮気のことがわかるものをつかむ事もできる可能性があります。

いつもなら立ち寄らないようなコンビニのレシートをいつも視界に入ることが多くなったら、その周辺に普段から行っている事になります。


そこで見張っていると、場合によっては、浮気の現場をとりおさえられる事ができるかもしれません。


どのような行為をしているか記すことで浮気の証明をできることもあります。

基本的に、日々の行動には決まりができるものです。



にもかかわらず、浮気をしてしまっていると、その習慣が変わってしまいます。時間帯や曜日に注目し、パターンが崩れたところを特定することができたら、行動を注意深く見ることで、浮気の裏付けがしやすくなります。

浮気調査してみたところ配偶者が浮気していることが発見された時、別れるべきか否か迷って決められないですよね。



それを避けるために、先走って浮気調査を依頼してしまわずに、一度考えてみてはいかがでしょうか。法律上、夫婦間に不貞があってはいけないわけですから、不貞を働いたその相手に対して慰謝料を請求して離婚という別れを選択するのも一つの方法です。


尾行料金の相場はと言うと、調査員が何人かによっても違いますが、相場としては、1時間で1万円から3万円が目安です。当然のことですが、調査員が1人なら安く、多ければ多いほど高くなります。




また、尾行の時に車やバイクで移動すると、別に交通費や車両費として請求される場合がありますので、確認が大切です。


 
探偵事務所池袋 東京 探偵事務所 池袋探偵学校