法律上では、既婚者が配偶者ではな

法律上では、既婚者が配偶者ではな

法律上では、既婚者が配偶者ではない人と性的に親密になることを浮気といいます。ということは、法律の中では、男女関係に発展していなかったら普通のデートをしたとしても、不倫ではないのです。

性的関係にあることを自分で調べるのは難しいかもしれませんが、プロの業者に依頼するという方法もあります。

レシートやクレジットカードを確認すると浮気のことがわかるものをつかむ事もできるでしょう。いつもなら立ち寄らないようなコンビニの領収書をほぼ毎回見かけるようになったら、その周辺に普段から赴いている事になります。

そこで見続けていると、場合によっては、浮気の現場をとりおさえられる事ができるかもしれません。問題なく探偵が調査をしていても、肝心の依頼者が普段とは違う態度をとってしまい、調査対象が警戒を強めてしまって浮気調査が困難になり、失敗に終わる場合もあります。




浮気調査を探偵に依頼しても、確実に証拠が手に入るわけではないのです。うまく行かなかったときの報酬についても、調査を始める前にしっかり打ち合わせをしておくことが大事なのです。




浮気の証拠を探偵による浮気調査で得ることができたとしても離婚の必要性については考えるべきでしょう。ご夫婦に子供がいる場合ですと特に配偶者の浮気が確実なものになったからといって簡単に「離婚!」とはいかないものです。


相手に請求することのできる養育費は案外少額になりますし、毎月きちんと支払われる保証もありませんから、女手一つで育てるのは容易なことではありません。男手一つで育てることも、また同様に仕事と両立しながら上手くやっていくのは難しいでしょう。同一電話番号から電話を頻回に取っていたりまた掛けていたりするとそれが浮気相手とのやり取りであるのは大いにあるでしょう。

その後、その電話番号の持ち主を見つけ出せばいいのです。


しかし、パートナーの警戒心が強いとなると、浮気相手と電話をしたあとにしっかりとその痕跡を抹消するということもしばしばあることです。一般に、探偵が尾行するのにいくらくらいかかるかと言うと、何人が調査に関わるかにもよりますが、相場としては、1時間で1万円から3万円が目安です。当たり前のことですが、調査員の数が少なければ安く、増えるほど高くなります。そして、尾行時に移動のために車やバイクを使った場合、交通費や車両費といった名目で別途請求があがってくることがありますので、確認するべきでしょう。実際に探偵に頼むことで浮気の証拠をつかんでしまいたい所です。




相手の様子が浮気を想わせた場合、まず自分自身でなんとかしようと行動すると思います。ですが、浮気の決定的な証拠を自分だけで入手しようと思っても、相手に見つかるという可能性は低くないでしょう。




なぜでしょう。答えは簡単で、顔がばれてしまっているからです。




まず探偵に関して言うと、人に怪しまれることのないよう慎重に慎重を重ねて粘り強く少しずつ情報を集めますが、興信所の特徴として身辺調査や企業調査が多いために、自分の目的を話して表立ってリサーチを行うようです。

すなわち探偵は目的とする個人の動きを掴むことが上手で、対象についての情報収集は興信所が上手いと結論できそうです。日々、相手の生活の様子をよく見ておくことはだれにも頼まずにできることですが、浮気を決定づけるような動かぬ証拠を手に入れるためには、やはり、蛇の道は蛇、プロの探偵に依頼しておいた方が安全、安心です。

それに、探偵にお願いすれば、浮気の証拠を収集してもらうだけにとどまらず、豊富な経験から、様々な助言をもらえるということも、貴重なのです。

成功報酬制の料金体系を設定している探偵事務所は、調査に成功した場合でないと報酬を得られないというリスクがあるため、成功報酬の金額が相場より高く設定されているケースが多いようです。そのようなこともありますので、成功報酬のシステムだからと言って、浮気調査にかかる費用が必ず安くなるなんてことはありません。




調査に対する実績なども確認して、明確な料金システムを採用してる探偵事務所に依頼することが重要なのです。


 
探偵事務所池袋 東京 探偵事務所 池袋探偵学校